読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPコラム

新時代を前向きに生きる。

夏休みの自由研究と言えば親の出番・・

今週のお題「夏休みの自由研究」
子どもが、小学生時代夏休みの自由研究といえば親(=家内)の出番でした。
市内の自由研究の展示会場を見まわってきては、今年は、このテーマで行こう
と子どもの代わりにほとんど家内が観察して、最後の部分のみは子どもが
自筆、制作して作品の完成をさせていました。
まさに親子2人3脚?で自由研究に取り組んでいたわけです。
家内に言わせると小学生の自由研究は、ほどんど親がかりだそうです。
私はといえば、親の不熱心からか自由研究をした記憶がありません。
自由研究に親がかかわるのも、親子関係のスキンシップなのかも
しれません。

一応子どもは、国立理系大学院を卒業したのですからこうした親の援助は
無駄ではなかったのかもしれません。(私にはよくわかりませんが・・?)