読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPコラム

新時代を前向きに生きる。

日本の高齢者は大変・・地方移住についての関係者の本音?

前回書いた地方移住についての追加です。

日本創成会議(座長・増田寛也総務相)が、東京圏の高齢者を地方移住させる

ことを提言したことに対して東京圏の知事は反対、地方圏の首長の戸惑いという

反応は興味深いものでした。

一言でいうと東京圏と地方圏とで高齢者の押し付け合いをしているようです。

東京都や神奈川県の知事が反対した理由は、高齢者の人権問題にかかわるとの話でしたが、

しかし本音は、地方移住について大賛成なのだが、あからさまに賛成だと言うと

自分の高齢者福祉政策の無能さを証明することになりかねないことまた

高齢者の選挙票が減ることを気にしているように思えました。

一方、地方圏の首長の戸惑いは、首都圏からの地方移住は大賛成だが、それはあくまで

若者のことで医療費等のかさむ高齢者だけを押し付けられても困ると言っているように

思えました。

確かに地方は地方で人口減少、少子化で深刻な問題を抱えています。

数年前ある本で、「これから日本の高齢者は相当な覚悟で生きる必要がある」と

書かれていました。

その本の最後には、高齢者は財産の有る無しよりも自分が社会のいかに必要とされるかに

よって人生の充実度がまったく異なるとしていました。

また、地方移住を考える高齢者は、できるだけ早めに自らその場所の選択する方がよいとも

書かれていました。


今、まさにそうした時代が来ているようです。