FPコラム

新時代を前向きに生きる。

私の考えは古いのか・・?

今週のお題「夏に聞きたい、怖い話」
昔は、夏になると落語の怪談噺で涼むとういう庶民の知恵が日常にありました。
大抵は人の怨念にまつわる内容のようです。
1週間ほど前に大津市でのいじめ事件に接したときは、当初激しい怒りを感じました。
しかし、その後の新聞、雑誌、テレビ、インターネットによる報道のエスカレートぶりに接するうちに恐怖に変わりました。
加害者、その家族、担任教師の実名、写真が公表されることに私の周りでも当然である
と考える人が多いようです。それが社会の正義だと考えているようです。
私は、社会の正義を信じません。根本的に人間は、悪(当然私も含めて)であり、社会も悪であると考えます。ただそれでは共同生活が成り立たないので決まり事(法律等)をつくっているのだと思っています。
今回の件は学校、警察が中立の立場ではないことが証明した事件ともいえます。
怖い社会になりました。
亡くなられた生徒へはご冥福をお祈りします。